区分から一棟へ ega2250@yahoo.co.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by えがちゃん
 
[スポンサー広告
競売に2件同時入札 H22
平成22年に私が競売に初めて参加した時の話です。

この時は初めての参加にもかかわらず、何を思ったのか2件同時に入札しました。

この時の競売では、同じマンションの中でたくさんの区分(15室位)が売りに出ていました。

都会の駅からも近く、建物もきれいで、私はどうしても欲しいと思いました。

私が入札した区分は、1室は入居者がおり、眺望も最高のお部屋、1室は空室で、普通のお部屋でした。

それぞれ、370万円、260万円で入札しました。

本気で欲しかったのは入居者がいるお部屋でしたが、もう1室も260万で買えるならいいかと軽い気持ちで入札しました。

そして開札の日、その頃は比較的暇人だった私は開札に立ち会いました。

でも開札が進むにつれ、不安が・・・。

他のお部屋が275万~ 落札されていき、「もしかしたら2室とも落札できてしまうかも。よく考えたら、2室とも買えてしまったらお金が足りない・・・」←今更 w

15室のうちの大部分は同じ不動産会社が落札していました。落札価格は275万円~33万1千円でした。

結局、私は入居者のいるお部屋を370万円という素人丸出しの価格で落札し(はい、15室の中で一番高値の落札です)、普通のお部屋は第3位でした。

でも落札できた入居者のいるお部屋はそのままのお家賃4万6千5百円で貸せ、全く手間がかからず今に至っているので、370万円でも買えてよかったと思っています。

とは言え、落札後、入居者と連絡が取れず、困った挙句、競売業者をネットで探し、競売業者の人が鍵屋を頼んで、部屋に突入(←不法侵入?w)するというハプニングも。

入居者の方が部屋でお亡くなりになっていた、ということはなく、後に旅行に出ていただけということが判明しました。

結局、競売業者の人に入居者との交渉、賃貸契約を結ぶところまでお願いして、家賃1ヶ月分払いました(部屋に突入する際の鍵を開ける際に頼んだ業者代、15750円、別途)。

私「いくらでお願いできますか?」

競売業者「いくらならいいですか?」

自分から価格を言わないところはさすがプロです。w

相場の全くわからない私は「家賃1ヶ月分でどうですか?」というと、あっさり「いいですよ」

もっと安く言えばよかったのでしょうか。

結局もらえると思っていなかった6日分の家賃も、この競売業者さんがもらえるようにしてくださり、その6日分の家賃は競売業者さんに差し上げました。

でもこの競売業者さん、動きがすごく早いので、また競売で困ったことがあれば相談するつもりです。(基本他力本願です)

私、いまだにこのお部屋に入ったことありません。

というかオートロックの玄関をくぐりぬけたことすらありません。


知識も常識も人脈も度胸もない。

こんな私でもなんとか大家さんやっていますので、皆さんはどうぞ自信を持って頑張って下さい。

Posted by えがちゃん
comment:0   trackback:0
[競売]  thema:不動産投資 - genre:株式・投資・マネー
comment
comment posting














 

trackback URL
http://ega1.blog79.fc2.com/tb.php/95-83ef143d
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。