区分から一棟へ ega2250@yahoo.co.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by えがちゃん
 
[スポンサー広告
融資白紙撤回!?まずい!
昨日の昼休みに銀行さんと会いました。

決済に必要な書類記入するためです。

融資金額は2100万円になっていました。(この時初めて融資金額を知りました)

物件価格1600万円+リフォーム代500万円です。

物件価格がさらに200万円下がって1400万円になったので、どうしたらよいか銀行員さんに尋ねると、

まずは売り主様と交わした契約書を正しい金額で作成し直して下さい、とのこと。

その契約書を添付し「保証協会の審査やり直しになります」とのこと。

まずい。。。

ただでさえ、再度、保証協会の審査が通るかわからないのに、先日D銀行から岐阜アパートの融資の申し込みを保証協会にしてしまいました。

岐阜アパートが、優先されたら、築30年アパートの融資は、、、。

岐阜アパートの価格は、築30年アパートの倍以上なので、両方脚下される可能性もあります。

二兎追うものは一兎をも得ず

もうじたばたしても仕方ないので、結果を待ちます。










Posted by えがちゃん
comment:0   trackback:0
[1棟
comment
comment posting














 

trackback URL
http://ega1.blog79.fc2.com/tb.php/625-ecf3b697
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。