区分から一棟へ ega2250@yahoo.co.jp
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by えがちゃん
 
[スポンサー広告
銀行に行く 鈴鹿アパートはトラブル発生
競売で落札した自宅への融資の件で銀行に行きました。

今日は競売の残代金の支払い等の手続きをお願いする司法書士さんとお会いしました。

司法書士さんの手続きは15分位で済んだのですが、その後銀行さんの説明を聞いたり、書類を記入したりするので2時間位かかりました。

10回以上新しい住所を書いたと思います。お陰で覚えました。

結局金利は1.75%と激高です --;

耐用年数越えのアパートへの融資は1.5%なのに・・・。

住宅ローンの金利が高いのは、前にも書きましたが私が収入が低いからです。

その収入には不動産収入は入れてもらえません。

しかも・・・今後収入が増えても、私はずっと融資受けた時の属性で金利を決めるそうです。

「そんなのひどすぎる!アパート2棟の資金も受けているお客さんなんだから住宅ローンの金利優遇して下さい!!」と叫びました。


・・・


心の中で(笑)

小心者の私です。




融資金額    11,000,000

競売残金支払い 10,059,264

保証料       210,507

担保手数料      52,500

司法書士手数料    58,867

火災保険       54,540

印紙代        20,200

ここまで 融資金額-競売残金+諸費用=544,122 


他にも抵当権設定の登録免許税の支払いが必要です。5万円位?

登録免許税については、競売で落札したマンションの土地、家屋評価証明書を取ってから計算するようです。

全て払っても50万円位残りますが、それは元所有者の滞納金の支払いに宛てます。

これから競売に参加する皆さんに気をつけていただきたいのは、競売の資料に滞納金記載してありますが、その滞納金は調査した時点の金額です。

例えば私の落札したマンションなら6月24日までの滞納金しか書いてありません。

それ以降はいらないかというと決してそんなことはなく、残金支払って所有権が移転すれば、管理会社等から12月分までの請求がしっかりきます。

そこを計算していないと痛い目に合います。

元所有者の滞納金は落札者が清算します。

どうしても納得いかなければ元所有者に請求することもできますが、回収できる可能性は低いかと。



とにかく融資分は諸費用等で全て消えます。

マンションのリフォームは自宅ですので最低限で済ませます。

普通は自宅のリフォームにはお金かけて、収益物件のリフォームは最低限なのかな?

自宅は売却する時にしっかりリフォームします。

なんか変かな??


Posted by えがちゃん
comment:0   trackback:0
[自宅]  thema:不動産投資 - genre:株式・投資・マネー
comment
comment posting














 

trackback URL
http://ega1.blog79.fc2.com/tb.php/218-13235db8
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。